HOME > コラム > SEO対策

SEO対策に関するコラム記事

コラム

SEO対策に関する記事を投稿しているカテゴリです。
SEO対策に関係しないことは投稿しないように配慮しています。
あまり技術的なことに偏ることなく飲み込みやすいような内容を心がけています。
「ちょっとは役に立ったかな?」や「ちょっと面白いな(笑)」みたいなことを感じられましたら、シェアして頂けますと幸いです。

SEO対策に投稿したコラム一覧

Search Consoleリッチカードサイトイメージ
4月18日(火)から数日程、Googleに動きがあったようでした。弊社で確認が出来ている限りは週明けになって鈍化してきた感があります。Googleからオフィシャルな告知などがなく、常に動いているアップデートを「フレッドアップデート」と仮称がつけられていますが、今回の動きはフレッドアップデートというところでしょうか。また、リッチカードに新しい仕様が追加されました。「Recipes」「Events」「Products」「Reviews」に加えて「Courses」です。リッチカードは特定業種のみに適応出来るということを散見していますが、割と幅広く使えるように見受けています。「リッチカード」と検索した時に出てくるリッチカード対応サイトの対応は「Recipes」のようですし・・・。そんなちらほらした動きをハイライトのような感じで書き綴って見たいと思います。
「はじめてのプログレッシブ ウェブアプリ」サイトイメージ
昨年から話題になっているPWA(プログレッシブウェブアプリ)をローカルでテストしてみました。色々と気になっていたのですが、あまり実用的な感じがしなかったことと、これらの開発・テストとクライアントワークとの両立が物理的に難しかった・・・というと言い訳じみてるので隠すことなく言うとすれば、つまるところ乗り気ではなかった・・・というのが正解かもしれません。細かい技術情報は参考サイトを記載致しますのでそちらにお任せするとして、本稿では、清水が感じたことや疑問に思ったことをピックアップして考察してみたいと考えています。実のところ、一通り触ってみましたが、未だによく理解出来ないことがあったりします。PWAの理念や思想は理解出来た気がしますが、これらの実用性についてです。様々なサイト様で色々な情報が出ていますが、実用性のある情報は物凄く少なかったです。基礎的な仕様が理解できればAMPとの併用も難しくはないと思いますが、果たしてその仕様や実用性のそれらを理解出来ている方がどれほどいらっしゃるのか、これらについて清水もあまり理解出来ていないので、その疑問をメモがわりに残しておくことが本稿の目的です。
Google「あんこ」検索結果
先日、色んなやりとりをしている方から相談を頂きました。「突然、順位がいきなり変動した!!これまでこんなに動くことがなかったキーワードなんだけど、ありえないくらいに動いている!!見てくれないか!!」血相が変わっていることが伝わったお電話でした。ということで、検索キーワードを教えて頂き、検索して見てみました。まぁ普通ではあまり考えられないようなことでした。ということで、今回のコラムはその時に見て考えたことを書き残す記事です。
SEOに関するお悩み質問集
2017年に入ってからSEMラボラトリーによく頂いたご質問やお悩みの類と、SEMラボラトリーから返信させて頂いた内容をトピックス形式でお届け致します。良くも悪くもGoogleの変動が激しいため、SEOの確実性や取り組む意味、モチベーションなどなどに大きな影響を与えているようです。迷いがあってのご質問が多いと感じておりまして、そのようなお悩みやSEOに対する不安をお持ちになられている方が多いのではないかな、と思います。本稿では、どのような状況であっても何かしらきっかけにして頂けるような内容になっていると思いますので、是非ご参考になさってください。
検索順位変動で一喜一憂するイメージ
2017年2月に入ってから、Googleのオフィシャルなアナウンスを含め3度ほどの変動が出ているように見受けています。1度目は「低品質なコンテンツと高品質なコンテンツ」に書いた記事のアップデート、2度目は2月10日(金)頃〜のアナウンスなしの変動、3度目は2月17日(金)頃〜のアナウスなしの変動です。厳密には2度目と3度目は続いている変動なのかもしれません。やはりGoogleの変動が大きくなればなるほどに、弊社へのお問い合わせも比例・・・という感じではありませんが、やはり弊社へのご連絡が増えるため、色々気になる順位変動だったりします。ということで、ここのところの動きを、Twitterにアップされている呟きをピックアップし、検索変動ハイライトな記事にしてみようと思います。
Google Analytics参照元URL一覧イメージ
Google Analyticsをいつものように眺めていたら、AMP CDNキャッシュURLがサブドメインになっていたことを確認しました。AMP HTMLでもGoogle Analyticsを有効活用することができるわけですが、Analyticsのお陰で、AMPページ経由のアクセスも分かります。当サイトのページがAMPで表示されていたのは以前から確認できていたことですが、サブドメインになっているのは初めて確認出来ました。と言っても、私どもが目視したわけではなく、Google Analyticsのデータに残っていたというところです。ということで、AMP CDNキャッシュURLについてのメモ記事です。
Googleウェブマスター向け公式ブログ記事イメージ
先だって、Yahooニュースでも取り上げられたGoogleウェブマスター向け公式ブログの記事が話題になってます。(?)いや、厳密に言うと、業界の界隈で言われているだけで話題にはなってないかもしれません(笑)昨年の末ごろに「Welq」(ウェルク)という医療情報(?)を取り扱うサイトが閉鎖になりました。ウェルク問題には色々な論点がありますので、詳細が気になる方は「ウェルク 閉鎖」などで調べてください。これを発端として幾つもの同様のサイトが閉鎖になりました。ウェルクはDeNA社が運営していたわけですが、DeNA社以外にも同様のサイトを運営してた企業は多かったので、かなりの波紋を呼んだ出来事になったわけですが、その余波がGoogleにも届いたということでしょうか?Googleはウェルクのようなサイトのコンテンツを低品質として認定した次第ですが、今回のコラムは、そのコンテンツの品質について思うことを書いていきたいと思います。
ウェブマスターヘルプフォーラムイメージ
年始早々の2017年1月6日、ウェブマスターヘルプフォーラムに面白い投稿がありました。「嫌がらせと思われる行為に対する防御策を教えて下さい」です。昨年から弊社のサイトにも同様のリンクがたくさんついてたので気にはなっていました。ということで、行く末を見守ってたらGoogleの社員様が降臨してきてアドバイスを書かれていたのですが、なんとも簡潔なアドバイスでした。およそ検索エンジン上で行われているスパム行為に対しては、全てこのアドバイスに従えば綺麗なGoogleになると、ぼくは常々信じているので、拡散がてら何が起きているのかということをメモしておきたいと思います。
簡単WEBサイトテンプレート(PHP)のAMP出力イメージ
先だって、AMP HTMLのサポート終了について記事を書きました。当サイト内のAMP仕様を修正致しまして、およそ問題がなくなってきたと思われたので、当サイトで配布しているテンプレートの修正にかかろうと思いました。が、しかし!!!Googleが提供してくれいているチェックツールでチェックすると問題ないとされていても、Chromeでチェックすると、色んな警告が出るようになってきました。”プリロード”するとかしないとか・・・。読み込みファイルや記述形式は各サービスの仕様にも準ずるので、さすがにChromeの警告だけでは対処のしようがないと、今の所見受けています。ということで、それらに関する注意点・・・というか留意点もメモ書きしておきたいと思います。
Search Console内のAMPエラー数推移イメージ
昨年の末に執筆した記事、「AMP HTMLのサポート終了タグがSearch Consoleに表示(前編)」の続編記事です。Search Console内に挙がっていました、AMP HTMLサポート終了タグに関する警告の数が無事に減ってきたので、サイト内のAMPページも全て仕様変更をしました。他、簡単WEBサイトテンプレート(PHP)の修正も含め、若干の対応を致しましたので、それらに関するメモを残す記事です。
Search Console内のAMP HTMLエラーイメージ
12月28日(水)の午前中にSearch Consoleをチェックしてたら、AMPエラーが大量に出てきました(汗)見てると、サポート終了予定のタグが原因でした。2016年は最後の最後まで気を抜くことが許されない年になりました(笑)しかし、AMPのDOCSを見てもエラーの具体的な修正が出てなかったので、リファレンスを見て修正してみました。この修正が正しいと判断されたら、配布しているテンプレートの修正も行おうと思います。いやしかし、いきなりこれはキツイ・・・。
Google AMP HTML 検索結果イメージ
Googleの検索結果上で面白い発見をしたので報告したいと思います。Googleにログインしている状態でのことですが、PCの検索結果上でAMP HTMLのエラーチェックが出来ました。初めて見たんですが、いつのまにこういう機能が実装されていたんですね。ついでに他のページも調べたんですが、そもそも記述エラーがないので、確認が出来ませんでした。因みにですが、スマホ上ではGoogleにログインしてても確認出来ませんでした・・・AMPページが表示されていなかったというところです。また、ついでに他のページをスマホで調べてみたんですが、いつの間にか、当サイトのコラムがAMPで検索結果に表示されていました。そんなこんなをメモ書きしておきたいと思います。
Search Console ヘルプサイトイメージ
モバイルフレンドリーやモバイルファーストインデックスの話が出てきてから、デスクトップとモバイルのサイトの両立についてのスポットのお問い合わせがだいぶと増えてきました。どうでもいいことかもしれませんが、11月、新規でのお問い合わせ件数が過去最高を記録致しました。いつもありがとうございます。ということで、11月に一番お問い合わせ(ご質問)の多かったレスポンシブ以外でのモバイルサイトの運用について思うことを書いていきます。題して「レスポンシブ以外でスマホ対応を行った時に気をつけたいポイント」です。
Mobile Friendly Websitesイメージ
先だってGoogleから公式な情報としてモバイルファーストインデックスの話が出てきました。こうなってくると、スマホ対応を無視したサイト制作は出来なくなってしまいます。動的なシステム制作や静的なホームページ制作のための見積もりを取ったり、仕様書を作成しはじめると、先にスマホ向けのデータが出てきてもおかしくないという感じです。デスクトップ(PC)向けのサイト制作がこれまでだったところが、スマホサイト制作が主流になりはじめるかもしれません。それはまぁいいとして、まだスマホ対応(モバイルフレンドリー)が出来ていないサイトが(とりあえずでも)スマホ対応(モバイルフレンドリー)をするための注意点などを書き出したいと思います。ついでに、SEOを行う上でも外せないポイントも書き出したいと思います。
Googleウェブマスター向け公式ブログイメージ
ついに、モバイルファーストインデックスの導入が確定し、動き出したようです。11月5日(土)のGoogleウェブマスター向け公式ブログから情報がリリースされました。ブログ記事を見る限り、もう既にモバイルファーストインデックスの実験は開始されているようです。これが本格的に動き出した時には、物凄い動きになること間違いなし・・・というところではないでしょうか。
Google Japan Blog記事イメージ
昨年から少しずつ進んでいたAMPですが、遂に全てのAMP対応ページが通常検索結果に出力されるようになりました。これまではニュース記事やブログ記事のみAMP出力されていたところですが、全てのAMP対応ページが出力の対象となったというところです。2016年10月21日(金)にGoogle Japan Blogで発表された情報です。とは言いつつも、今の所、当サイトのAMPは確認出来ていません・・・。早く確認を取りたいと思いつつ・・・。
「PubCon - Las Vegas 2016」記事イメージ
9月の下旬に「ペンギン4.0」がリリースされ、あれこれ動きが止まないうちに、「モバイルファーストインデックス」について、Googleから情報のリリースがありました。海外SEO情報ブログやSEM Rでもその旨の情報が配信されています。「モバイルファーストインデックス」の正確な定義やロジック、ローンチのタイミングなどの詳細はまだ出てきていませんが、暫くは「モバイルファーストインデックス」の話が続くのではないでしょうか。そんなことを考えたので、「モバイルファーストインデックス」について考えて見ました。
Marketing Landイメージ
先日、「ペンギン4.0」の影響に関する私見記事を書きました。あれからも色々とデータを取得してアンテナを張っています・・・と言った昨日、海外SEO情報ブログに面白い記事がポストされていました。鈴木氏が、Marketing Landのポッドキャストの内容を噛み砕いて説明して頂いていました。被リンクとリアルタイム更新に関する情報がリリースされたということもあって、被リンクとリアルタイム更新以外のお話がなかなか見られなかったところでした。ということで、メモ記事です。
ウェブマスターヘルプフォーラムイメージ
先だってコアアルゴリズムに組み入れられたペンギン、通称「ペンギン4.0」の波及効果が出てきているのか、ウェブマスターヘルプフォーラムには今までにないくらい同じようなトピックが目立つようになってきました。ペンギンの導入、大きなペンギンアップデート毎に「ペンギン1.0」「ペンギン2.0」「ペンギン3.0」と呼称がつけられ、今回で「ペンギン4.0」になったということだそうです。いやしかし、久しぶりにウェブマスターヘルプフォーラムが活気づいていると感じています。弊社でも同様の事例を見ていること、匿名で同様のご質問を頂く件数が先週末から異様に増えたということ、また、トピックの件数自体が増えているようで、ウェブマスターヘルプフォーラムが活気づいているように見受けました。ということで、今回のコラムでは、そんなペンギン4.0について書いてみたいと思います。
Googleウェブマスター向け公式ブログイメージ
2016年9月23日(金)にGoogleウェブマスター向け公式ブログ(英・日)でペンギン(アルゴリズム名)がコアアルゴリズムに組み入れられた旨がリリースされました。週明けの9月26日(月)には、かなりの動きが見られました。ペンギンと言えば、被リンクに関するアルゴリズムと称されていますが、弊社では基本的に被リンクを意識した施策ではありません。勿論、コンテンツの構成で言えば、いつリンクして頂いても問題ないように意識はしていますが、リンクされることが前提というわけではありません。ということで、今回のリリースは大きなことと受け止めたので、メモ代わりに書き残しておきたいと思います。
AMP対応検索結果イメージ
GoogleがAMP HTML対応ページを通常検索結果に出力するデモを立ち上げたようです。アイキャッチの画像は現在の通常検索結果とAMP対応デモ検索結果の比較画面です。「スマホ対応」ラベルの部分に違いがあります。デモ対応ページでは「⚡ AMP」と表示されるようになっています。今回のコラムではこのデモページの仕様について触れたいと思います。
Google Analytics ダウンロードデータイメージ
当サイトでは、jQueryの組み込みサンプルやサンプル用のためのテンプレートの配布をしております。毎日ではないんですが、月末には(とりあえず的な感じで)そのダウンロード状況をチェックしていまして、今回の記事はそれに触れた内容にしたいと思います。数字自体はあまり大したことない気がしますが、毎月数件は必ずリクエストや質問を頂いたりしていまして、取り組み自体は良かったのかなと思っています。また、新規でのお問い合わせの状況も過去最高を出していまして、取り組み成果が出ていますので、それをお伝えしたく・・・。
Mobile Website Speed Testing Toolサイトイメージ
Googleが、モバイルフレンドリーチェック、モバイルスピード、デスクトップスピードのチェックが出来るツールをリリースしました。「Mobile Website Speed Testing Tool」です。簡単なチェックツールですが、修正すべき項目が出てくるなど、参考になること間違いありません。昨今、Googleはモバイルフレンドリーを推進している感じがします。ということで、出来ればこれらのツールを使ってきっちり対策をとりたいところですね。
Search Consoleリッチカードイメージ
数日前に米Googleがリッチカードをリリースしていました。リッチカードとは、Search Console内にある機能の一つで、リッチスニペットよりもビジュアル的に映える検索結果にする機能のことです。そのリッチカードを、弊社でも日本のSearch Consoleで確認できました。弊社が気づいたのは2016年5月24日なわけですが、数日前にはもう確認出来る状態だったんですかね?そのあたりのラグがよく分かりませんが、兎に角、中身を見てみました!
Google Analyticsイメージ
Google Analayticsにログインし、毎日見ている箇所に変化を見つけました。「集客 → 検索エンジン最適化(?) → ***」の流れだったのが、「集客 → Search Console → ***」になっていました。しかし、毎日何気なく見てると、何が書いてあったか分からなくなりますね・・・(汗)「Search console」の前は「検索エンジン最適化」だったような・・・。さておき、新しい機能を見ることができるので、メモ代わりに残しておきたいと思います。
Accelerated Mobile Pagesでエラー
Search Console内の「検索クエリ」の表示において、3月28日の表示にバグがありました。Twitterで調べてみると、弊社だけではなく色々なところで同様の現象になっているようでした。ということで、その様子をメモしておこうかと思いまして・・・。
Accelerated Mobile Pagesでエラー
先日公開したAMP HTMLファイルを同梱した簡単WEBサイトテンプレート(PHP)を修正しました。というのも、Search Consoleに当サイトのAMP HTMLのエラーが出ていましたので、それに倣い修正をしました。Google Chromeでのエラーと、Googleのデベロッパーツールとではちょっと基準が違うんですね。AMPに対するエラーと、schema.orgの定めるルールに対してのエラーの違いですかね?兎に角、デベロッパーツールに従ったエラー修正をしまして、その報告と簡単WEBサイトテンプレート(PHP)のアップデートです。
Search ConsoleのAccelerated Mobile Pagesページ
先日、AMP HTMLを導入してからページがインデックスされました。やっとこさ・・・と思っていたところ、ちょっとおかしな点がいくつかありましたので、今回はメモ記事です。今回のAMP導入が問題だったのか、何が原因かわかりません。他に原因があるかもしれませんが、とりあえず記事を作成して時間の経過を見なければいけなさそうですので、同じような状況になられた方の参考になればと思う次第です。
Accelerated Mobile Pages Projectイメージ
この記事・・・一度記事を書いてから、公開しようか全消ししようか迷いました。昨年末から出てきたお話で、2016年2月中旬過ぎくらいから加速的に出てきたお話・・・AMP(Accelerated Mobile Pages) HTML!!!何といいますか、、、ガラケーサイトをつくった時のような戸惑いを感じていると言いますか、実用性のあり方や利便性などなかなか実感しづらい領域のお話なのかなと。そしてAMP HTMLそのものはまだまだ発展するでしょうが、今の段階ではまだ仕様の変更がバリバリ出てきそうなそんな予感が隠しきれず、対応するにはまだ早いので、この記事自体の完成度が低くなるかな?と思った次第でした。あと理解不足もあり・・・ということで、この記事では今まで触れたことがないことに触れる時のポイントを紹介できればと思っています(笑)
FacebookのOGP設定とTwitterカードの設定イメージ
つい先日、取引先の方と話をしてた時にOGP(Open Graph protocol)やTwitterカードのことなど、WEBサイトの技術要素についての話になりました。と言うのも、先日コラムに書きましたSEOの仕様チェックリストを見て頂いてたようでして、それらに触れた話をした感じでした。仕様チェックリストに、先日から話題になっているAMP(Accelerated Mobile Pages)も書き入れるなど、色々考慮する必要があるかなぁ・・・と思いつつ、そこにも触れた話になりました。この手の話が面白すぎてたまりません(笑)ということで、今回はOGPやTwitterカードを簡単WEBサイトテンプレート(PHP)に組み込んでみました。
仕様チェックリストイメージ
たまに・・・ではありますが、「これから自社メディアを制作することを計画しています。制作中からSEOに配慮したいんですがコンサルティングをお願いする時の費用を・・・」というお問い合わせを頂きます。こういうお問い合わせを頂く企業様は既に幾つかのサイトを運用しているようで、制作経験もありそうな感じがしていまして、ことの重要性をモロに感じられてるんだろうなぁ・・・という気がしています。ということで、今回は弊社が見積もりを作成する時や、実際にお仕事をさせて頂く際に作成している「SEOのための仕様チェックリスト」なるものを公開しようと思います。短期的なやり取りで、しかも形見えないコンサルティング形式のお仕事のプレゼンテーションはこちらもなかなか難しいと思っていまして、なかなか伝えきれてないことがあると感じています。そういう部分をフォローする・・・というわけではないんですが、参考にして頂ければと考えている次第でして・・・。
DMCAイメージ
つい先日のお話ですが、無料のフリー素材を使っていたページがDMCAによって検索結果から削除された・・・というお話がありました。SEO界隈の方々は見聞きされたことと思います。非常に面白そうなお話かと思ったら、ゲンナリ系(言い方が悪いですが)のお話でした(苦笑)今回のコラム記事は、その件について細かい解説をするわけではありませんでして、ご自身のサイトの情報が盗用された時の対処を考えましょうね的な、そんな話にしたいと思っています。
Google Analyticsイメージ
今回は当サイトの「滞在時間」と「ページ / セッション」が非常に良くなってきましたので、そのことについて考察してみようと思います。少しずつコラムの記事が溜まってきまして、サイト内も修正を重ねていまして、面白い状態になってきたと感じています。コーポレートサイトでありながらオウンドメディア、若しくは情報公開サイトとして運用し、まだまだ未熟ではありますがそれでも当サイトを見て頂いたことをきっかけにお仕事も頂け、サイトのリニューアル後半年としての経過としてはまぁまぁかなと感じています。決して納得はしてないのでまだまだサイトを構築していく必要があるかなとは思っていますが、参考にして頂ける方もいるのかなと思ったので記事にしました。
Open Graph protocol
ここ最近、新たな提案・・・というわけではありませんが、UIやUXの改善について立て続けて提案をさせて頂きました。そこで色々なことを聞かれることになったわけですが、決まって聞かれることが同じでした。やはりご質問を頂けるのは嬉しいことでして、熱々とご質問に答えさせて頂くわけですが、そんな内容を少しまとめてみました。題して『これって意味あるの?』としたいと思います。
バリューエージェント社のサイトイメージ
先にコラムに書きました「Google検索品質評価ガイドライン(2015年11月版)」の完全日本語翻訳が株式会社バリューエージェントからリリースされました。この度、一通り拝読させて頂きましたので、レビューを書きたいと思います。因みにですが、弊社はバリューエージェントさんとは全く関係ございませんので、ステマの類ではありません。笑
Twitterの呟きイメージ
今回のコラムはアフィリエイターの方々のGoogle変動時の呟きをピックアップしたいと思います。というのも、2016年1月に入ってからGoogleの検索結果に変動が出ており、それがまぁ結構凄い感じ・・・と言いますか、そんな感じに見受けたので、それをメモろうという感じです。
2015年11月の検索クエリ
当サイトの検索クエリ状況をお伝えするコラムです。2015年11月の検索クエリです。前回の記事も参照頂けるようにしておりますので、是非参考にしてください。
Googleの検索品質ガイドライン
Googleは検索結果の品質評価のガイドラインを持っていて、このたび、公式にガイドラインを公開しました。というのも、過去、度々このガイドラインは公開されていましたが、それらは流出によって公開されたモノでした。今回、公式にガイドラインが発表されたということで、何かしらの意味があるのかもしれませんね。それについて思うことや、中身に触れたことを考察したいと思います。
SEO対策には根気が必要
よく頂くご相談について弊社の思うことを書いてみます。「SEOの営業が飛び込みで来まして、自信満々に提案されて・・・」というようなご相談が多いです。ただ、弊社としては他社様のことについてどうこう言うつもりはありません。多くの事例や経験を元に書くだけですので、その点についてはご容赦を頂けますと幸いでございます。
検索クエリイメージ
当サイトの検索クエリ状況をお伝えするコラムです。前回の記事も参照頂けるようにしておりますので、是非参考にしてください。
PHPで制作したWEBサイトテンプレートイメージ
当サイト上で配布を開始したWEBサイトテンプレートについて思うことを書こうと思います。そして、これからのことも書こうと思います。アップデートと言っても、初心者の分かる範囲でのことしか想定していません。CMSでも活用できるようなテンプレートにすると、少しテーマがズレるので、それらについて思うことを書きたいと思います。
Google analytics 検索クエリ(2015年9月23日)
今回のコラムは、当サイトの検索クエリ状態を公開する内容です。Google analyticsのレポートをアップ致しました。
レスポンシブはツライよ・・・イメージ
今回のコラムはコーポレートサイトリニューアルに関する記事でして、レスポンシブ対応編です。前回の記事でも少し触れましたが、サイトリニューアルにあたって最も気を使いました。ただ、レスポンシブ対応にしたことによって色々気づきがあってよかったと思っています。そんなことを諸々書いてみます。
いいね!イメージ
今回のコラムはコーポレートサイトリニューアルに関する記事でして、SNSとの連動編です。コーポレートサイトを更新しても動的に各種SNSに通知することはありませんが、手動で投稿することに限定して各種SNSアカウントを最適化しました。サイトリニューアルにあたって、各種SNSに配慮した点を書き残します。
Search Console 検索クエリ
サイトリニューアルにあたって、ここの部分が一番言いたいことなのかもしれません。今回の内容は、コンテンツ制作の常識や定石など、そういった部分からややズレてるかもしれませんが、実は本質なのかなと改めて思いました。
SEMラボラトリー タグクラウド
今回の記事はコーポレートサイトリニューアルを行って色々取り組んだことや考えたこと、感じたことなどを複数回に分けて書く記事の一つです。一つ一つ振り返りの意味も込めてコラム記事と致しました。
他のカテゴリ記事は下記からお選び下さい。
SEO対策に関する記事を投稿するカテゴリです。とにかく、SEO対策のことのみを記事にしようと思います。弊社の本業です(笑)
インターネットやWEBに関する総合情報に関する記事を投稿するカテゴリです。技術的なことでも出来るだけ分かりやすくしていこうと思います。
社内での出来事やランチのことなど、小さなことから大きなことまでを投稿するカテゴリです。少人数なのでネタは限られてますが面白可笑しくいきます!
その他、上記に当てはまらないことは全てこのカテゴリに投稿します。弊社の歴史・・・というわけではありませんが、後になって懐かしむことが出来る記事を投稿します。
株式会社SEMラボラトリー
TEL : 06-4394-8427
MAIL : info@oosaka-web.jp
PAGE TOP