HOME > コラム > SEO対策 > 全てのAMP対応ページがAMP出力される記事がリリース

全てのAMP対応ページがAMP出力される記事がリリース

コラム

昨年から少しずつ進んでいたAMPですが、遂に全てのAMP対応ページが通常検索結果に出力されるようになりました。
これまではニュース記事やブログ記事のみAMP出力されていたところですが、全てのAMP対応ページが出力の対象となったというところです。
2016年10月21日(金)にGoogle Japan Blogで発表された情報です。
とは言いつつも、今の所、当サイトのAMPは確認出来ていません・・・。
早く確認を取りたいと思いつつ・・・。
「ちょっとは役に立ったかな?」や「ちょっと面白いな(笑)」みたいなことを感じられましたら、シェアして頂けますと幸いです。

SEO対策に投稿したコラム記事

全てのAMP対応ページがAMP出力される記事がリリース

Google Japan Blog記事イメージ
本家記事をチェック

まず、本家記事を確認してみましょう。
AMPのデモ動画GIFで動作をご確認頂けます。

遂に・・・

日本のGoogleスマホ検索において、AMPが通常検索結果画面に出力されるようになりました。
以前から一部的に対応していたAMPでしたが、通常の検索結果画面に全てのAMP対応ページが出力されるようになったというのが今回のリリースの内容となります。

今まで一部的に対応していたAMPというのは、ニュース記事やブログ記事のAMP対応のみが出力されていました。
しかし、今後は、全てのAMP対応ページが出力される・・・とのことですので、当サイトのようなサイトのAMP対応も出力されることであると認識しています。

しかし、当サイトのAMP対応をしている記事のAMP表示を確認したことがありません。
ので、AMPの浸透を待とうと思う今日この頃だったりします(笑)

AMP対応のメリットとデメリットを改めて・・・

ここで改めてAMP対応のメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

AMP対応のメリット
  • スマホでページを表示する時のスピードが異常に早い。
  • 限られたリソースで表示するためバグが少ない(ようになっているはずです)。
  • 表現の幅が広がっており、通常のコンテンツであれば、通常のページと何ら遜色なくコンテンツ構成が出来る。
AMP対応のデメリット
  • ある日突然AMPの仕様が変わる可能性があり、管理が煩雑になる可能性がある。
  • 前例のないプロジェクト(ソース・コンポーネント)なので、”正しい・正しくない”が分かり辛く、構築時に大変なことが多いかもしれない。
  • 通常ページでインターフェイスを動的にしていると、AMPページでは表現の幅が狭くなる。
  • AMPは日々拡張しているので、一度でも導入すると、常に情報収集が必要になる。

と言ったところでしょうか。

どれもこれも、メリットにもなり得れば、デメリットにでもなり得る・・・そんな感じのような気がしています。

補足情報

AMPを導入して対応したと言っても、ランキングに影響するものではないということが以前から言われています。
なので、検索順位を狙ってAMPを導入しても、思った以上の結果は見られないかもしれません。

とは言え、リピートしてもらうためのきっかけとして初めてのユーザーに重いページを返すよりは、軽いページを返した方が印象はいいかもしれません。
というより、その初めてのユーザーに対する印象をよくする狙いがあるのがAMP対応だとすれば、あながち無意味なモノではありません。

ですので、まずは妄信的にGoogleを信じてAMP対応するのは有益なのかもしれません。

当サイトでは、AMPに関する記事を書いていますので、以下にピックアップしておきたいと思いますので、お手すきの際にでもお読み頂ければと思います。

ちょっとした技術情報にはなると思いますので、宜しくお願い致します。

まとめ

Googleの公式情報としてリリースされた情報ですので、これから大きな動きが出てくると思います。
すぐにAMP表示が全て出てくるとは思いにくいので暫く待ってみる必要があると思っているのですが、その表示状況は随時当コラムで公開しようと思います。

当サイトのコラムで単一キーワードで上位表示しているキーワードもあるので、上手くいってるキーワードで見ることが出来、また、上手くいっていないキーワードでも見ることになります。
なので、キーワードによっての違いなども見ることが出来そうな予感です。

最近はGoogleの動きが激しいだけに、新たな機能追加されることは、個人的には嬉しいことではありません(苦笑)
今もタイムリーで検索結果画面のデザインに動きがあったように見受けました。
「関連するキーワード」の表示装飾が明らかに変わっていました。

一つ動きがあると、それに関連していると思われること多数の確認が必要になるので、色々しんどいです(汗)
ただ、そういう動きがないと面白みがなく飽きてしまうので、歓迎すべきことだとも思っています(笑)

ということで、引き続き、AMPの動向を追っていきたいところです。

執筆 : 清水 隼斗

全てのAMP対応ページがAMP出力される記事がリリースのAMPページ

Facebookコメント

他のカテゴリ記事は下記からお選び下さい。
SEO対策に関する記事を投稿するカテゴリです。とにかく、SEO対策のことのみを記事にしようと思います。弊社の本業です(笑)
インターネットやWEBに関する総合情報に関する記事を投稿するカテゴリです。技術的なことでも出来るだけ分かりやすくしていこうと思います。
社内での出来事やランチのことなど、小さなことから大きなことまでを投稿するカテゴリです。少人数なのでネタは限られてますが面白可笑しくいきます!
その他、上記に当てはまらないことは全てこのカテゴリに投稿します。弊社の歴史・・・というわけではありませんが、後になって懐かしむことが出来る記事を投稿します。
株式会社SEMラボラトリー
TEL : 06-4394-8427
MAIL : info@oosaka-web.jp
PAGE TOP