SEOなら検索エンジン最適化に強いSEMラボラトリー

SEMラボラトリーはSEO対策に絶対の強みを持っています

施策の幅が兎に角広い!
SEO対策と言っても施策の方法論は企業様の数だけ存在します。
技術的な施策の導入、コンテンツの改修までのプロセス、表現の制限などなど、企業様によって事情が異なります。
また、検索エンジン上の動きに関しましても、人気分野とそうでない分野では動きが大きく異なる時が多いです。
そのような背景があるため、企業様の事情に併せた施策から今までに行ったことのない施策まで幅広い提案を致します!
そして一方的な施策にとどまらず痒いところに手が届き、リスクを排除した施策と成果を約束致します。
実践して得た施策のみを取り入れる!
弊社が運用しているサイトで得た成果を分析・解析しその長所となった要素を取り入れた施策を提案致します。
そのため「そんな話聞いたことないよ?」と思われることがあるかもしれません。
検索エンジンで良好な状態を保つには様々な要因が絡み合っています。
一つの要素が抜け落ちていても、別の要素でカバーすることが可能です。
状況に併せて必要と思われる要素を強化すべく、実践して得た施策を取り入れます。
サイト運用で得られる結果を最大限に!
サイトを運用していて切っても切れないのがGoogleやYahooの検索順位です。
どれだけ綺麗事を言ってもビッグキーワードからのアクセス、複合キーワードからのアクセスが増えない限り、結果が伸びることは稀です。
ブランド化に成功しているサイトでも、GoogleやYahooからのアクセスは無視出来ません。
競合が増えてきてサイトの運用が難しい昨今ですが、アイデアや工夫、技術とノウハウをプラスし、どのような施策でも成功させサイト運用で得られる結果を最大限に引き上げます。
安全で安心で確実なSEO対策を実施致します!

SEMラボラトリーならではのSEO対策

弊社サイトへアクセス頂き、ありがとうございます。

SEO対策(検索エンジン最適化)は終わったと言われることもある昨今ですが、弊社ではそう思える方にでも可能性を感じて頂ける施策と結果を出し続けてまいりました。

極端な話になりますが、弊社が規模のある企業様と同じようにWEBサイトを触ったり同じような提案をしてては絶対に勝つことは出来ないと考えています。
その場その場の営業勝負で勝つことはあったとしても、企業として存続し続けることは不可能だと考えています。

SEMラボラトリーがSEMラボラトリーであり続け、そして世に二つとないSEO対策で結果を出し続けることに、弊社の意義があると考えています。
そのために、結果は絶対に必要です。

昨今のSEO対策はつまらない施策を行っても結果が出なくなってきました。
アルゴリズムに左右され余計な施策は通用しないため、非常に厳しいという声をよく見聞きします。

しかし、弊社では「これでもか!」と言えるほどに考え動きサイトを作り上げ、そして、独自のデータチェックや改善や改修を行うため「そんなことは関係ない」と考えています。
単なる自己満足だけではない圧倒的なノウハウや手法や経験則、圧倒的な技術や行動から導き出す成果に弊社は絶対的な自信と強みがあると考えています。

もし、今までの施策に限界を感じている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さい。
無料の相談も行っておりますので、ご友人や知人に電話するような感覚でご連絡下さい。
必ず何かのきっかけになるように配慮致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

新着コラム記事 20件

当サイトの新着コラム20件を表示しています。
弊社独自のSEOに関する情報、WEB技術のノウハウ、はたまたSEMラボラトリーのことや全く何の脈略のないお話まで幅広くお届けしております。
古い記事などはコラムのページにてご覧ください!
Slidebarsサイトイメージ
Slidebarsは、上下左右から自由にメニューを出すことができるjQueryプラグインです。以前に記事にした「SIDR」と同じような動作をします。動作仕様は大きく違います。Slidebarsをカスタマイズしたりするには、元の仕様のまま使うとすれば HTML5 の canvas の概念が分からないと若干難しいかもしれません。その辺りを踏まえて見て頂ければと思います。
Material Design Hierarchical Displayサイトイメージ
久しぶりのjQueryプラグインの実装レッスンのコラム記事です(笑)Material Design Hierarchical Displayは、親要素に特定のタグを入れ、その中にある子要素をタイル状にして表示するjQueryプラグインです。そして、animate.cssを使い、タイル状になった子要素のコンテンツにアクションを生み出すという感じです。Material Design Hierarchical Displayのデフォルトの仕様は、子要素をタイル状にして表示する、という仕様です。本家でもそうですが、animate.cssを使い、そのタイル状になった子要素にアクションを追加しています。オプションでアクションの仕様も変えることが出来るようなので、色々なチャレンジすることで面白い動作をするのではないでしょうか。
Facebookのタイムラインにあった7周年の記念メッセージ
昨日、出社してからFacebookを開いたら、アイキャッチ画像の通り、SEMラボラトリーで働き出してからの7周年を祝ってくれました。普段、全く意識してないことなので、こうやって現実に数字を見ると何かが積み重なっていくことを実感しているような気がします。ただ現状に満足するつもりはないので、目標を持って邁進したいと思う今日この頃だったりします。ということで、今日はエゴサーチをしてみました。普段、自社の事に関しては、Google AnalyticsとSearch Consoleを見て状況を理解するため、エゴサーチはしていませんでした。エゴサーチをしてたら、Googleのサジェスト(入力補助機能)でちょっと変わったモノを見たので、その事例を紹介する記事にしたいと思います。
SEOに関するお悩み質問集
2017年に入ってからSEMラボラトリーによく頂いたご質問やお悩みの類と、SEMラボラトリーから返信させて頂いた内容をトピックス形式でお届け致します。良くも悪くもGoogleの変動が激しいため、SEOの確実性や取り組む意味、モチベーションなどなどに大きな影響を与えているようです。迷いがあってのご質問が多いと感じておりまして、そのようなお悩みやSEOに対する不安をお持ちになられている方が多いのではないかな、と思います。本稿では、どのような状況であっても何かしらきっかけにして頂けるような内容になっていると思いますので、是非ご参考になさってください。
検索順位変動で一喜一憂するイメージ
2017年2月に入ってから、Googleのオフィシャルなアナウンスを含め3度ほどの変動が出ているように見受けています。1度目は「低品質なコンテンツと高品質なコンテンツ」に書いた記事のアップデート、2度目は2月10日(金)頃〜のアナウンスなしの変動、3度目は2月17日(金)頃〜のアナウスなしの変動です。厳密には2度目と3度目は続いている変動なのかもしれません。やはりGoogleの変動が大きくなればなるほどに、弊社へのお問い合わせも比例・・・という感じではありませんが、やはり弊社へのご連絡が増えるため、色々気になる順位変動だったりします。ということで、ここのところの動きを、Twitterにアップされている呟きをピックアップし、検索変動ハイライトな記事にしてみようと思います。
Google Analytics参照元URL一覧イメージ
Google Analyticsをいつものように眺めていたら、AMP CDNキャッシュURLがサブドメインになっていたことを確認しました。AMP HTMLでもGoogle Analyticsを有効活用することができるわけですが、Analyticsのお陰で、AMPページ経由のアクセスも分かります。当サイトのページがAMPで表示されていたのは以前から確認できていたことですが、サブドメインになっているのは初めて確認出来ました。と言っても、私どもが目視したわけではなく、Google Analyticsのデータに残っていたというところです。ということで、AMP CDNキャッシュURLについてのメモ記事です。
Googleウェブマスター向け公式ブログ記事イメージ
先だって、Yahooニュースでも取り上げられたGoogleウェブマスター向け公式ブログの記事が話題になってます。(?)いや、厳密に言うと、業界の界隈で言われているだけで話題にはなってないかもしれません(笑)昨年の末ごろに「Welq」(ウェルク)という医療情報(?)を取り扱うサイトが閉鎖になりました。ウェルク問題には色々な論点がありますので、詳細が気になる方は「ウェルク 閉鎖」などで調べてください。これを発端として幾つもの同様のサイトが閉鎖になりました。ウェルクはDeNA社が運営していたわけですが、DeNA社以外にも同様のサイトを運営してた企業は多かったので、かなりの波紋を呼んだ出来事になったわけですが、その余波がGoogleにも届いたということでしょうか?Googleはウェルクのようなサイトのコンテンツを低品質として認定した次第ですが、今回のコラムは、そのコンテンツの品質について思うことを書いていきたいと思います。
ウェブマスターヘルプフォーラムイメージ
年始早々の2017年1月6日、ウェブマスターヘルプフォーラムに面白い投稿がありました。「嫌がらせと思われる行為に対する防御策を教えて下さい」です。昨年から弊社のサイトにも同様のリンクがたくさんついてたので気にはなっていました。ということで、行く末を見守ってたらGoogleの社員様が降臨してきてアドバイスを書かれていたのですが、なんとも簡潔なアドバイスでした。およそ検索エンジン上で行われているスパム行為に対しては、全てこのアドバイスに従えば綺麗なGoogleになると、ぼくは常々信じているので、拡散がてら何が起きているのかということをメモしておきたいと思います。
簡単WEBサイトテンプレート(PHP)のAMP出力イメージ
先だって、AMP HTMLのサポート終了について記事を書きました。当サイト内のAMP仕様を修正致しまして、およそ問題がなくなってきたと思われたので、当サイトで配布しているテンプレートの修正にかかろうと思いました。が、しかし!!!Googleが提供してくれいているチェックツールでチェックすると問題ないとされていても、Chromeでチェックすると、色んな警告が出るようになってきました。”プリロード”するとかしないとか・・・。読み込みファイルや記述形式は各サービスの仕様にも準ずるので、さすがにChromeの警告だけでは対処のしようがないと、今の所見受けています。ということで、それらに関する注意点・・・というか留意点もメモ書きしておきたいと思います。
Search Console内のAMPエラー数推移イメージ
昨年の末に執筆した記事、「AMP HTMLのサポート終了タグがSearch Consoleに表示(前編)」の続編記事です。Search Console内に挙がっていました、AMP HTMLサポート終了タグに関する警告の数が無事に減ってきたので、サイト内のAMPページも全て仕様変更をしました。他、簡単WEBサイトテンプレート(PHP)の修正も含め、若干の対応を致しましたので、それらに関するメモを残す記事です。
厳
2017年、新年明けましておめでとうございます。昨年に続き、新年の書き初めを致しました。昨年の漢字は「勢」でした。今年は「厳」です。色々考え、そして何度も何度も「厳」を書きました。相変わらず字は汚いですが、強い想いをもって今年も邁進したいと思う新年です。
Search Console内のAMP HTMLエラーイメージ
12月28日(水)の午前中にSearch Consoleをチェックしてたら、AMPエラーが大量に出てきました(汗)見てると、サポート終了予定のタグが原因でした。2016年は最後の最後まで気を抜くことが許されない年になりました(笑)しかし、AMPのDOCSを見てもエラーの具体的な修正が出てなかったので、リファレンスを見て修正してみました。この修正が正しいと判断されたら、配布しているテンプレートの修正も行おうと思います。いやしかし、いきなりこれはキツイ・・・。
2016年の振り返りイメージ
当サイトをリニューアルしてから丸一年とちょっとが経ち、2016年はフルに記事をアップすることが出来た一年でした。内容を出来る限り技術寄りにして充実することを意識した次第ですが、まずまずの内容にすることが出来たと思います。最近では、Facebookでシェアして頂いたせいか、多くのエンゲージメントがついたりしていました。Google Analyticsのセッション数も増え、嬉しい限りです。本当に有難うございます。今回はそんな目視することが出来た被リンクなどを紹介させて頂き、2016年の振り返りをしたいと思います。
Google AMP HTML 検索結果イメージ
Googleの検索結果上で面白い発見をしたので報告したいと思います。Googleにログインしている状態でのことですが、PCの検索結果上でAMP HTMLのエラーチェックが出来ました。初めて見たんですが、いつのまにこういう機能が実装されていたんですね。ついでに他のページも調べたんですが、そもそも記述エラーがないので、確認が出来ませんでした。因みにですが、スマホ上ではGoogleにログインしてても確認出来ませんでした・・・AMPページが表示されていなかったというところです。また、ついでに他のページをスマホで調べてみたんですが、いつの間にか、当サイトのコラムがAMPで検索結果に表示されていました。そんなこんなをメモ書きしておきたいと思います。
家に届いたプレゼントキャプチャイメージ
制作実績・・・というわけではありませんが、SEOや集客ツールの一つとして動画制作に携わらせて頂きました。今回はクライアント様からもコラム掲載のご了承を頂きましたので、取り組みや配慮した点などについてアップさせて頂くことに致しました。動画の運用をされているクライアント様との取引はあるのですが、ここまで弊社の意見を取り入れて頂いたのは初めてというくらい、色々お聞き入れ頂きました。なので、他社動画や出来上がる途中の動画を何度も何度も見ましたし、自分の中で物凄く時間をかけたような感じがしています。
Search Console ヘルプサイトイメージ
モバイルフレンドリーやモバイルファーストインデックスの話が出てきてから、デスクトップとモバイルのサイトの両立についてのスポットのお問い合わせがだいぶと増えてきました。どうでもいいことかもしれませんが、11月、新規でのお問い合わせ件数が過去最高を記録致しました。いつもありがとうございます。ということで、11月に一番お問い合わせ(ご質問)の多かったレスポンシブ以外でのモバイルサイトの運用について思うことを書いていきます。題して「レスポンシブ以外でスマホ対応を行った時に気をつけたいポイント」です。
jqFloat.jsサイトイメージ
jqFloat.jsは、コンテンツ要素をふわふわ動くような挙動をさせるjQueryのプラグインです。フローティングという感じの動作をしてくれます。コンテンツ要素をフローティングさせるため、枠取りをきっちりしておかないと他のコンテンツにまでフローティングしているコンテンツが侵入するため、そのあたりを気にしたいところだと感じました。使いどころは少ないかもしれませんが、要所要所で使う分にはポイントになると思います。今回は「position="absolute"」を使っています。ちょっとしたノウハウ習得にもつながりやすいかな?と思います。
Owl Carouselサイトイメージ
Owl Carouselは、画像スライダーのjQueryプラグインです・・・ただ、細かいオプションが豊富に用意されていて、それでいて表示パターンも変えることが出来るのが特徴です。過去のバージョンは重さなどを感じたことがあったのですが、最新バージョン(v1.3.3)ではかなり快適に動いてくれています。画像スライダーのjQueryプラグインは色々な種類がありますが、とりあえずカスタマイズ性と挙動感を悪く感じないようだったらおススメしたい感じがするプラグインです。本家サイトでデモが設置されていたり、ダウンロードファイルの中身も分かりやすいですし、とりあえずカスタマイズの練習をしたい方でもおススメだと感じました。
Mobile Friendly Websitesイメージ
先だってGoogleから公式な情報としてモバイルファーストインデックスの話が出てきました。こうなってくると、スマホ対応を無視したサイト制作は出来なくなってしまいます。動的なシステム制作や静的なホームページ制作のための見積もりを取ったり、仕様書を作成しはじめると、先にスマホ向けのデータが出てきてもおかしくないという感じです。デスクトップ(PC)向けのサイト制作がこれまでだったところが、スマホサイト制作が主流になりはじめるかもしれません。それはまぁいいとして、まだスマホ対応(モバイルフレンドリー)が出来ていないサイトが(とりあえずでも)スマホ対応(モバイルフレンドリー)をするための注意点などを書き出したいと思います。ついでに、SEOを行う上でも外せないポイントも書き出したいと思います。
Googleウェブマスター向け公式ブログイメージ
ついに、モバイルファーストインデックスの導入が確定し、動き出したようです。11月5日(土)のGoogleウェブマスター向け公式ブログから情報がリリースされました。ブログ記事を見る限り、もう既にモバイルファーストインデックスの実験は開始されているようです。これが本格的に動き出した時には、物凄い動きになること間違いなし・・・というところではないでしょうか。
コラムを読む
SEMラボラトリーにSEOを頼んだ時の未来予想図
SEMラボラトリーにSEOを頼んだ時の未来予想図です。
大真面目にSEOに取り組みます。
SEOの基礎知識
今一度抑えておくべき基礎知識をまとめました。
SEO初心者にこそ読んで頂きたい基礎知識です。
SEMラボラトリーは常に進化します!仲間募集中!
PAGE TOP