HOME > コラム

SEOなどの技術情報コラム

コラム

SEMラボラトリーがお送りするコラムです。
SEO対策から割とどうでもいいことまで幅広く書いています。
SEO対策については真面目な記事になると思いますが、それ以外の記事については楽しくなるような記事を目指しています。
「ちょっとは役に立ったかな?」や「ちょっと面白いな(笑)」みたいなことを感じられましたら、シェアして頂けますと幸いです。

コラム記事一覧

データハイライターイメージ
先だって、構造化データのマークアップについての記事を書きました。構造化データのマークアップに似たスニペットを出現させることが出来るツールとして、データハイライターというツールがあります。データハイライターはSearch Consoleからアクセスすることが出来るツールでして、どのようなサイトでも利用することができます。ただ、少し難しい感があったりするので、本稿ではデータハイライターの使い方を解説したいと思います。と言うのも、先日記事に書いた構造化データのマークアップについて、あの記事がきっかけで少し話をする機会を頂いたので、それ繋がりで・・・という感じだったりします。
Schema.orgの日本語訳サイトイメージ
Googleが求人サイト向けのJobPostingで構造化データのマークアップを用いたり、AMPページで構造化データのマークアップを用いたり、他にリッチスニペットの類などでも構造化データのマークアップが用いられたり、徐々に構造化データのマークアップを無視出来なくなってきました。構造化データのマークアップは一部のコーダーが取り扱うようなイメージが強かったソースかもしれませんが、今は手軽に扱うことが出来る程に、色々な補助ツールや解説サイトが出てきました。解説サイトは以前からありましたが、あまり親切ではなかったかもしれません。ということで、今回は、構造化データのマークアップについて、書き方や設定などについて触れてみたいと思います。
Google Analytics「検索アナリティクス」イメージ
ここのところ、SEO関連でのアクセスがグッと増えて来ているせいか、「SEO無料相談」の件数が今までにないくらいに一番多い月になっています。どのサイト様におかれましても、色々な問題を抱えられているようです。当サイトよりも規模が大きくコンテンツがきっちりしてるサイト様から相談されても、なかなか返信が難しいと言いますか・・・。でも、ヒアリングさせて頂くと、当サイトよりも「検索アナリティクス」のキーワード数が少ないなど、どこかに問題があるような状態です。SEOには正解はありませんが、だからと言って仕入れた情報を真に受けて理解出来てないことを闇雲に取り組むのは間違えてるわけで・・・。ということで、”SEOのために出来ること・すべきこと”を書き出してみようと思います。
Google AdWords公式ブログサイトイメージ
Google AdWordsの公式ブログにモバイルページの速度チェックをすることが出来る「Test My Site」がリリースされた旨が告知されていました。広告からの誘導を考えたチェックツールになっています。Search Consoleにあるチェックツール「PageSpeed Insights」とどう違うのかがよく分からないチェックツールでした。本稿では、「Test My Site」を使った感想をアップしてみたいと思います。
Twitterタイムラインイメージ
Twitterで面白いやりとりを見つけました。面白いと言ってしまうと失礼なお話かもしれませんが、”「ユーザーのためのコンテンツ」議論”とでも言えば適切な表現になりますでしょうか。この手のお話はいつも、”不毛な議論・・・”と思いつつ、どこか他人事になれない議論と言いますか・・・。そんなことをいつも感じています。そんなどこか他人事になれない不毛な議論について思うことを書き出しておきたいと思います。
faccebook for developersサイトイメージ
当サイトのOGPの設定で、いつしかエラーが出るようになっていました。OGPとは「Open Graph protocol」の略でして、facebookでページをシェアする際に重要になってくるタグです。細かいことは、過去の記事を参考にしてみてください。過去記事です→「FacebookのOGP設定とTwitterカードの設定」この時はエラーが出てなかったのですが、いつしかエラーが出るようになりました。んで、英語のページを見まくって、とりあえず解決したようなので、その解決した部分を本稿に残して置きたいと思います。概念的な問題もありそうですが、その概念の部分の正誤は分かりかねます。
Googleマイビジネスで無料サイトイメージ
Googleマイビジネスで、新規の無料サイトの制作ができるようになっていました。無料のサイトの制作・・・というより、新規のマイビジネス用のリスティングのためのLPを制作することが出来る・・・という表現の方が正しいように思います。このマイビジネスのLPがどのような役割を持つのか、まだ詳細情報があまり出てない昨今ですので、ご自身で試して見るのが一番いいのかもしれません。当方で制作してみたページがありますので、是非参考にしてみてくださいね。
Google検索品質評価ガイドラインイメージ
去る2017年5月末日に、Search Engine RoundtableがGoogle検索品質評価ガイドラインが更新されているという旨を報じていました。@ramesh_s_bisht氏のつぶやきで発見した模様でした。このつぶやき、なかなか面白いものでして、「5月11日に検索品質ガイドラインが更新された。どこが変わった?」という内容のつぶやきです。間違い探しかっ!?と突っ込みたくなるような、そんな平和なつぶやきだったんですが、しかし、どこがどう更新されたのかは全くもって分かりません。とりあえずは続報待ちになるか、それとも地道に間違い探しをするのか・・・。話が飛ぶようですが、Search Engine Landの記事に、Google社のGary Illyes氏によるモバイルファーストインデックスに関する言及がありました。どうやら、早ければ2018年までには・・・だそうです。本稿では、それらの内容に触れた記事をお送り致します。
Web Toolsイメージ
6月5日にSearch Consoleにログインしたところ、「Web Tools」が追加されたことを確認しました。まだあまり情報が出てないので分かりませんが、見てると数日前くらいからリリースされていたようです。オフィシャルなアナウンスも6月に入ってからのようなので、まだリリース間もないのは間違いなさそうです。ということで、Web Toolsを見てみた感じなどをアップしておきたいと思います。
Google AnalyticsとSearch Console連携イメージ
先日、Google AnalyticsとSearch Consoleを連携させたことがありました。今更感はありますが、Google AnalyticsとSearch Consoleの連携について、キャプチャをつけて設定方法を解説したいと思います。社内外問わず、確認用にでもして頂ければと思います。
Facebookシェアイメージ
ここのところ、ブラックハットSEOがかなり厳しい状況に追い込まれている様相を呈しているように思います。しかし、だからと言って知識や技術が乏しい状態でホワイトハットSEOだけを行って突然順位をあげるのはやはり難しいようにも思います。知識や技術が十分な方でも、やはり最初は色々としなければいけないことが多いわけで・・・。企業のWEB担当者様がサイト運用の成否に用いられる指標の多くは「検索順位」です。サイトを運用する以上、検索順位の上昇が最低限必須な状態です。サイト運用の上流ではGoogle Analyticsの”コンバージョン”や”セッション”や”PV数”を指標にされているかもしれませんが、検索順位を外して考えてはいないことが大半です。どうにかして検索順位をあげたい・・・というお声は毎日のように届きます。最終、(コンバージョンの形態はどうあれ)コンバージョンに繋がればいいというところではありますが、そのわかりやすい指標として検索順位が用いられます。しかし、ブラックハットSEOの代表的な被リンク施策、これが以前とは異なりかなり厳しい状況にあるというところで、関係者の方々は半ば路頭に迷っているようにも見受けます。ここのところ、これらに関連する話をすることが多いです。ということで、今回のコラム記事では、検索順位と被リンクに関することを考察してみたいと思います。
Search Consoleリッチカードサイトイメージ
4月18日(火)から数日程、Googleに動きがあったようでした。弊社で確認が出来ている限りは週明けになって鈍化してきた感があります。Googleからオフィシャルな告知などがなく、常に動いているアップデートを「フレッドアップデート」と仮称がつけられていますが、今回の動きはフレッドアップデートというところでしょうか。また、リッチカードに新しい仕様が追加されました。「Recipes」「Events」「Products」「Reviews」に加えて「Courses」です。リッチカードは特定業種のみに適応出来るということを散見していますが、割と幅広く使えるように見受けています。「リッチカード」と検索した時に出てくるリッチカード対応サイトの対応は「Recipes」のようですし・・・。そんなちらほらした動きをハイライトのような感じで書き綴って見たいと思います。
「はじめてのプログレッシブ ウェブアプリ」サイトイメージ
昨年から話題になっているPWA(プログレッシブウェブアプリ)をローカルでテストしてみました。色々と気になっていたのですが、あまり実用的な感じがしなかったことと、これらの開発・テストとクライアントワークとの両立が物理的に難しかった・・・というと言い訳じみてるので隠すことなく言うとすれば、つまるところ乗り気ではなかった・・・というのが正解かもしれません。細かい技術情報は参考サイトを記載致しますのでそちらにお任せするとして、本稿では、清水が感じたことや疑問に思ったことをピックアップして考察してみたいと考えています。実のところ、一通り触ってみましたが、未だによく理解出来ないことがあったりします。PWAの理念や思想は理解出来た気がしますが、これらの実用性についてです。様々なサイト様で色々な情報が出ていますが、実用性のある情報は物凄く少なかったです。基礎的な仕様が理解できればAMPとの併用も難しくはないと思いますが、果たしてその仕様や実用性のそれらを理解出来ている方がどれほどいらっしゃるのか、これらについて清水もあまり理解出来ていないので、その疑問をメモがわりに残しておくことが本稿の目的です。
Google「あんこ」検索結果
先日、色んなやりとりをしている方から相談を頂きました。「突然、順位がいきなり変動した!!これまでこんなに動くことがなかったキーワードなんだけど、ありえないくらいに動いている!!見てくれないか!!」血相が変わっていることが伝わったお電話でした。ということで、検索キーワードを教えて頂き、検索して見てみました。まぁ普通ではあまり考えられないようなことでした。ということで、今回のコラムはその時に見て考えたことを書き残す記事です。
Slidebarsサイトイメージ
Slidebarsは、上下左右から自由にメニューを出すことができるjQueryプラグインです。以前に記事にした「SIDR」と同じような動作をします。動作仕様は大きく違います。Slidebarsをカスタマイズしたりするには、元の仕様のまま使うとすれば HTML5 の canvas の概念が分からないと若干難しいかもしれません。その辺りを踏まえて見て頂ければと思います。
Material Design Hierarchical Displayサイトイメージ
久しぶりのjQueryプラグインの実装レッスンのコラム記事です(笑)Material Design Hierarchical Displayは、親要素に特定のタグを入れ、その中にある子要素をタイル状にして表示するjQueryプラグインです。そして、animate.cssを使い、タイル状になった子要素のコンテンツにアクションを生み出すという感じです。Material Design Hierarchical Displayのデフォルトの仕様は、子要素をタイル状にして表示する、という仕様です。本家でもそうですが、animate.cssを使い、そのタイル状になった子要素にアクションを追加しています。オプションでアクションの仕様も変えることが出来るようなので、色々なチャレンジすることで面白い動作をするのではないでしょうか。
Facebookのタイムラインにあった7周年の記念メッセージ
昨日、出社してからFacebookを開いたら、アイキャッチ画像の通り、SEMラボラトリーで働き出してからの7周年を祝ってくれました。普段、全く意識してないことなので、こうやって現実に数字を見ると何かが積み重なっていくことを実感しているような気がします。ただ現状に満足するつもりはないので、目標を持って邁進したいと思う今日この頃だったりします。ということで、今日はエゴサーチをしてみました。普段、自社の事に関しては、Google AnalyticsとSearch Consoleを見て状況を理解するため、エゴサーチはしていませんでした。エゴサーチをしてたら、Googleのサジェスト(入力補助機能)でちょっと変わったモノを見たので、その事例を紹介する記事にしたいと思います。
SEOに関するお悩み質問集
2017年に入ってからSEMラボラトリーによく頂いたご質問やお悩みの類と、SEMラボラトリーから返信させて頂いた内容をトピックス形式でお届け致します。良くも悪くもGoogleの変動が激しいため、SEOの確実性や取り組む意味、モチベーションなどなどに大きな影響を与えているようです。迷いがあってのご質問が多いと感じておりまして、そのようなお悩みやSEOに対する不安をお持ちになられている方が多いのではないかな、と思います。本稿では、どのような状況であっても何かしらきっかけにして頂けるような内容になっていると思いますので、是非ご参考になさってください。
検索順位変動で一喜一憂するイメージ
2017年2月に入ってから、Googleのオフィシャルなアナウンスを含め3度ほどの変動が出ているように見受けています。1度目は「低品質なコンテンツと高品質なコンテンツ」に書いた記事のアップデート、2度目は2月10日(金)頃〜のアナウンスなしの変動、3度目は2月17日(金)頃〜のアナウスなしの変動です。厳密には2度目と3度目は続いている変動なのかもしれません。やはりGoogleの変動が大きくなればなるほどに、弊社へのお問い合わせも比例・・・という感じではありませんが、やはり弊社へのご連絡が増えるため、色々気になる順位変動だったりします。ということで、ここのところの動きを、Twitterにアップされている呟きをピックアップし、検索変動ハイライトな記事にしてみようと思います。
Google Analytics参照元URL一覧イメージ
Google Analyticsをいつものように眺めていたら、AMP CDNキャッシュURLがサブドメインになっていたことを確認しました。AMP HTMLでもGoogle Analyticsを有効活用することができるわけですが、Analyticsのお陰で、AMPページ経由のアクセスも分かります。当サイトのページがAMPで表示されていたのは以前から確認できていたことですが、サブドメインになっているのは初めて確認出来ました。と言っても、私どもが目視したわけではなく、Google Analyticsのデータに残っていたというところです。ということで、AMP CDNキャッシュURLについてのメモ記事です。
新着記事以外のコラム記事は下記のカテゴリからお選び下さい。
SEO対策に関する記事を投稿するカテゴリです。とにかく、SEO対策のことのみを記事にしようと思います。弊社の本業です(笑)
インターネットやWEBに関する総合情報に関する記事を投稿するカテゴリです。技術的なことでも出来るだけ分かりやすくしていこうと思います。
社内での出来事やランチのことなど、小さなことから大きなことまでを投稿するカテゴリです。少人数なのでネタは限られてますが面白可笑しくいきます!
その他、上記に当てはまらないことは全てこのカテゴリに投稿します。弊社の歴史・・・というわけではありませんが、後になって懐かしむことが出来る記事を投稿します。
株式会社SEMラボラトリー
TEL : 06-4394-8427
MAIL : info@oosaka-web.jp
PAGE TOP